ショップ名・ブランド名どんなのがいい?つけ方や売れる屋号!

ネットショップやハンドメイド作品のブランドの名前を決める時、とても悩みますよね。

私も、個人事業主届の書類にお店の名前を屋号として書く時、なかなか決まらず色々迷いました。独自ドメインも早く取得したいし、焦りましたね。良いアイデアがないかと調べたりもしました。

センスの良い名前をつけてスタートさせるために、名前のつけ方やポイントをご紹介したいと思います。

シンプルで短い名前が良い!

オシャレな名前をつけて、「読めない!」のでは、なかなかお客様に覚えてもらうことができません。短く、言いやすいネーミングが良いでしょう。

最近テレビで、洋服のリメイクやオリジナル商品を作ってくれる「nutte(ヌッテ)」といサービスを見ましたが、とても良い名前のサービスだなと思いました。
「縫って!」ですぐに裁縫関係かな?と分かりますし、短くて覚えやすいオシャレなネーミングですよね。

【短くてシンプルな名前を付けるポイント】

2つの言葉を組み合わせる

2つの好きな言葉や単語をくっつけてオリジナルの名前を考えてみるのも良いです。いわゆる造語ですね。

例えば、ゲーム会社の「SEGA」は、SERVICEとGAMEの頭文字2字の「SE」と「GA」をくっつけた名前です。

このように、自分で作ってみるとオリジナルの名前が生まれたりします。

好きな言葉や名前

自分のお気に入りの言葉や単語をそのまま名前にしてみましょう。
好きな言葉ですと、愛着もわき大事にできますね。

ライバルのいないネーミングにする!

これは、顧客を勝ち取るためにも大事です。
同じ名前がたくさんあっては、埋もれてしまいます。

同じカテゴリーのお店をチェックする

例えば、アクセサリーでしたら登録する予定のショッピングサイトを見て、ブランド名を調べてみましょう。

検索エンジンで検索してみる

「Google(グーグル)」などの検索エンジンから、考えた名前を検索してみましょう。
同じ名前のライバル店が少なければ少ないほど、検索されやすくなります。

独自ドメインが取得できるかチェックしてみる

ネットショップを開設したり、ブランド名でブログを作る予定なら独自ドメインの取得が必要です。
ムームードメイン」などでドメインが取れるかチェックしてみましょう。

画数も見てみよう!

会社名も社名判断があるようです。

有名な会社は、画数も吉数です。

私はけっこう気にしてしまうタイプなので、運気を上げていくために画数のよい名前にしました。

「社名・画数」で検索すると、無料で社名画数占いができるサイトがあるので、使ってみると良いかもです。

まとめ

名前をつけるということは、楽しいことでもありますが、良い名前をつけることは難しいですよね。素敵な名前がつけられると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る