「BASE(ベイス)」の販売手数料!いくらかかる?お得な方法は?

ネットショップサービスの「BASE」を利用したいけど、販売手数料は実際いくらかかるのか、他のサービスよりお得なのか、分からない事も多いと思います。

ハンドメイド作品販売で人気の高い「BASE」は、無料で簡単に自分のショップを持つことができます。しかし、決済手数料と売上金の振込手数料、事務手数料がかかります。

どうしたら手数料を安くおさえることができるのか?お得な方法はないのか?例を上げて紹介したいと思います。

「BASE」の手数料はいくら?

BASEかんたん決済は、初期費用・月額費用など余計な費用は一切かかりませんが、 購入者からの注文があった場合のみ、決済手数料が発生します。

【クレジットカード決済・コンビニ(Pay-easy)決済・銀行振込決済の場合】
1回のご注文の総合計(送料含む)に対し3.6%+40円が決済手数料としてかかります。

【後払い決済の場合】
1回のご注文の総合計(送料含む)に対し6%が決済手数料としてかかります。

出典:BASE

売上金の振込に手数料がかかります。

振込手数料と事務手数料がかかります。
BASEからショップオーナーへ売上金をお振込する際は、振込手数料と事務手数料が差し引きになります。
そのため、振込金額は「振込申請額 – 事務手数料 – 振込手数料」となります。

▼振込手数料
一律250円

▼事務手数料
・2万円未満の場合:500円
・2万円以上の場合:0円

出典:BASE

⇒ もっと詳しく見てみる【BASE

クレジットカードで購入した場合の比較!

実際お客様が、クレジットカードでのお買い物をした場合、収益はいくらになるのか例を上げてみます。

●商品合計(送料込)1000円

手数料 1000円 × 3.6% + 40円 = 76円
1000円(売上) – 76円(手数料) = 924円(収益)

●商品合計(送料込)5000円

手数料 5000円 × 3.6% + 40円 = 220円
5000円(売上) – 220円(手数料) = 4780円(収益)

●商品合計(送料込)10000円

手数料 10000円 × 3.6% + 40円 = 400円
10000円(売上) – 400円(手数料) = 9600円(収益)

商品合計の金額が上がれば上がるほど手数料がお得!ということが分かります。
これに、振込手数料を引かなければならないので、実際手元に入ってくるお金はもっと低くなるということです。

手数料をお得にするには?

手数料を少しでもおさえたいなら、商品単価を上げるか、まとめて購入してもらう工夫が必要ということです。

売上金の振込は、事務手数料がかからない、2万円以上まとまった金額で申請した方がお得です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る