ハンドメイドブログどこ使う?おすすめ無料ブログサービス!

ハンドメイド集客

ハンドメイドを販売するにあたって、ブログは集客や宣伝の手段として活用したいですよね。

無料でできるブログサービスもたくさんあって迷ってしまいます。

そこで、ハンドメイド販売でおすすめな無料ブログを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ハンドメイド販売にブログは必要?

最近はInstagramやTwitterなどSNSを利用する人も多く、商品の宣伝もSNSで事足りるのでは?と思う方もいると思います。

私も新作は、何より先にインスタグラムにUPします。宣伝効果抜群のインスタグラム様様です。

しかし、SNSっていつまで続くか不安ではありませんか?

数年前までは流行だったSNSのツールも落ちぶれてしまったり、なくなったりすることもあります。現代の流れは早いです。

その為にもブログを1つ持っていると、もしInstagramなどが無くなっても検索エンジンから商品を見つけてもらえる可能性が高くなります。

実際購入されるお客様でも、「ネットからたどり着きました」とうい方もいらっしゃいます。

私の場合の顧客獲得割合は

・Instagramから ⇒ 60%

・minne(ミンネ)⇒ 30%

・検索エンジンから(ブログ) ⇒ 10%

 

です。

数は少ないですがブログからのお客様もいるので、これからの安心と文字で伝えるメリットを考慮しても2021年現在はブログを持つ事が必要だと考えています。

ただ現在はブログ自体に集客力は少ないため、SNSと連携して上手く誘導するのがおすすめです。

無料ブログを選ぶ基準は?

・サービスが終わらないブログ

これ1番大事です。ブログをサービスする会社が潰れたり、突然ブログサービスが停止してしまったら、それまで築き上げたあなたのブログが消えてしまいます。

そうならないように、できるだけ有名なブログサービスを選ぶようにしましょう。

・自由度の高いブログ

無料ブログは、ほとんどのサービスで広告が表示されます。できるだけ、デザインの変更やテンプレートの多さ、カスタム性がきくブログを選んだ方がよいです。

・有料のサービスがあるブログ

最初は、無料の広告ありで大丈夫でも、後から広告を外したいと思うかもしれません。その時に、広告を表示させない有料コースのサービスがあると変更できます。

おすすめ無料ブログ!

アメブロ

「アメブロ」はとても人気があり、コミュニティ機能もあって集客力があります。初心者の方も簡単に使うことができます。かわいい感じのブログが多い印象です。

しかし広告の多さがデメリットです。
使ったことがありますが、自由度は低いです。

ライブドアブログ

良くも悪くも可もなく不可もなく…という感じです。

●はてなブログ

すっきりとしたデザインで無料ブログの中では洗練されたオシャレなイメージです。

有料サービスもあり、広告を外したり独自ドメインを使ったりもできます。

FC2ブログ

ユーザー数が非常に多く、カスタマイズもできます。自由度が高いため色々なブログが混在します。

JUGEM

ハンドメイドのブログでよく使われています。ナチュラルで可愛いテンプレートが豊富です。

有料版の「JUGEMPLUS」が安くで広告非表示ができ人気が高いようです。

Seesaaブログ

【Seesaaブログ】は、独自ドメインを無料で利用できます。商用目的も許可されているので、使えるブログです。

Word Press(ワードプレス)

世界で最も使われているブログサービスです。カスタマイズ機能が豊富で、広告が表示されません。

システム自体無料ですが、サーバーやドメイン取得に経費がかかります。

個人的には、ワードプレスがこれからは良いと思います。検索結果でも上位表示がされやすく、新規顧客の獲得に繋がります。

結局どれがいいの?ハンドメイドに向いているブログ!

無料ブログの種類が多く迷ってしまいますが、個人的におすすめは「はてなブログ」「WordPress(ワードプレス)」の2つです。

「WordPress(ワードプレス)」は、専門用語が多く慣れない方には少しハードルが高いので、簡単に作りたい人や時間がない人は「はてなブログ」を選ぶと良いでしょう。

これから長く本格的にハンドメイドで稼ぎたい人や、パソコンに慣れている人は「WordPress(ワードプレス)」がおすすです。

まとめ

まずは、登録してみて実際使ってみましょう。

その中で使いやすいサービスを選ぶと良いですよ。

ハンドメイド集客
スポンサーリンク
おすすめ書籍
インスタグラム商品写真の撮り方ガイド

SNSで魅せる&映える撮影テクニック教えます!InstagramなどのSNSやネットショップなどで、女性を中心に「ほしい」と思わせる商品写真を撮ることができます。

ゆるりSTYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました